リラクゼーション営業プロセスとは

リラクゼーションの営業プロセスとは④

 

それでは、今回もプロセスについて確認していきたいと思います。

① 信頼獲得

② 技術・知識

③ 提案(プレゼンテーション)

④ 次回予約の締結

 

今回も『アウトライン』から④ 次回予約の締結についてお話していきたいと思います。

 

次回予約の締結について

 

これも前回同様に ① 信頼獲得② 技術・知識がしっかりしていれば特に必要ないのですが

結婚前提でお付き合いしてる方に最後のプロポーズをした時に

『キモイ!』『ダサい!』と思われないように前回同様に一応記述していきたいと思います。

 

なぜ次回予約の締結が必要か?

次回予約の締結

結論からいうと お客様に無駄な労力を使わせずに済む 』からです。

そもそも論ではあるのですが、新しい場所へ行くのって・・・中々敷居が高いですよね。
というか、物凄くエネルギーを使います。

色々考えたり、色んな人に相談したり、ネットで検索したり・・・
それでいて毎回違う担当のスタッフが来て説明したり・・・

 

『 あ~もう~つかれたぁ・・・  』

 

となるわけです。

 

会社や管理職の人達は、売上の事しか考えていないので予約とれとれうるさく言われると
モチベーション下がってしまうと思いますが、取り合えずそれは置いといて・・・

お客様目線で考えてみれば、定期的に通う人もしくは興味のある人であれば、次回予約をして頂いほうがメリットが豊富なのです

 

実際に合った具体例

具体例

定期的に通って頂いてるお客様で中々肩甲骨や背中腰が最後までほぐしきれない人がいました。

信頼獲得も十分できていましたし、毎回いらして頂いていました。

私が店舗を移動して『 ハンドケア 』というコースがあり
そちらを提案し指からアプローチしたら、肩甲骨は回るし腰はほぐれやすくなるし

次に来た時には『 最近全然疲れを感じなくて気分いいの♪
という状態になりました。

次回からそのメニューにし、毎回満足して帰って頂いています。

今回は技術面や他にもいろんな要素が重なって至る結果でした。

只、ここで私ではなく全く違う人で
違うお店だったら気が付くのが遅かったのかもしれません。

これ私の自慢話とかではなくて、ある程度の技術や知識がある人で経験も豊富な人でしたら、
数回続けて通うだけですぐに気づきを得れますし、いちいち細かい内容を説明しなくても、相手に任せてゆっくり寝て起きれば、すごくスッキリした状態になるわけです。

このような視点でみるとお客様が次回からご来店されるプロセスがショートカットされ
『 お客様に無駄な労力を使わせずに済むわけです。

 

まとめ

次回予約

なぜ次回予約の締結が必要か?

結論からいうと『 お客様に無駄な労力を使わせずに済む 』からです。

なぜなら、新しいことを始めるのは物凄くエネルギーを使うからです。

 

ある程度の技術や知識がある人で経験も豊富な人でしたら

すぐに気づきを得ることができるので

いちいち細かい内容を説明しなくても

相手に任せればいいのでそもそも簡単なんです。

 

それでは『 次回予約を取らない人の特徴は? 』と疑問に思った方いらっしゃると思いますが

それはまた別の機会にお話しさせて頂きたいと思います。

 

次回は『 営業プロセスのまとめ 』となります。次回もぜひよろしくお願いします^^b

 

 

 

 

 

おすすめの記事