【愛情ホルモン】オキシトシンを一人でも出す方法【手軽にできる6選】

人形の結婚式
スポンサーリンク
Sponsored Links

 

今回は『オキシトシン』を一人でも出す方法についてお話をしたいと思います。

『オキシトシン』を一緒に出す相手がいない!なーんて私と同じように考えてる人がいたら必見です!

それではお話を進めていきたいと思います。

 

オキシトシンを一人でも出す方法

Sponsored Link

 

それでは今回も『オキシトシン』についてお話を進めていきたいと思います。

この記事がを読むのことに【オススメ】な人は

  • オキシトシンを一人でも出したい!という人
  • ストレスをためにくい体質を作りたい!という人

にオススメです!

今回の関連記事はコチラ!

関連記事

 

 

の以上となります!

それでは早速ご説明していきたいと思います。

 

① Myアロマで免疫力を向上させる!

 

Myアロマを使用して『オキシトシン』が分泌される理由は、「自分が心地いい」と感じられるからです。

その研究を紹介したいと思います。

メナードの化粧品会社の研究でアロマで『オキシトシン』の分泌を促せることがわかりました。

手順:

  • ローズ
  • オレンジフラワー
  • バイオレット

等の天然精油を含む香りを女性に嗅いでもらって5分後の唾液中の『オキシトシン』の濃度を確認。

結果:

香りを嗅ぐ前に比べ唾液中の『オキシトシン』の濃度が1.8倍まで増加した。

結論:

自分にとって心地よい香りが『オキシトシン』を分泌させてくれるので、ストレス除去にも有効であることが分かった

ですので、Myアロマを使用して『オキシトシン』が分泌していきましょう!

 

② ツボ押しによる方法。

 

東洋医学のツボ押しで、西洋医学的に解明した日本人がいました。

 

アメリカのウィスコンシン医学大学の教授 高橋徳先生の提唱したもので

  • 足三里(あしさんり)と合谷(ごうこく)を押すです。

 

具体的な作用は

① 延髄に届く → 自律神経系の調整

② 中脳に届く → エンドルフィンの分泌

③ 視床下部に届く → オキシトシンの分泌

④ 脊髄反射 → GABAの分泌

※ 脊髄反射とは「脳まで届かず、脊髄に帰ってくる。」

このように、ツボを押すことによって『オキシトシン』の分泌の効果が得られるので、積極的にやっていきましょう!

 

③ ふくらはぎのマッサージ。

 

手による刺激で『オキシトシン』が分泌されます。

スウェーデン式のハンドセラピーである「タッチケア」など注目を集めています。

マッサージ自体も『オキシトシン』を分泌しますが

特にふくらはぎは筋肉が太く、毛細血管が集中し神経もたくさんあるので

脳への刺激へ伝わりやすいのです。

ふくらはぎのマッサージが終わることには幸せに包まれているでしょう

 

④ 絶景を見る。

 

心地いい視覚からの刺激でも『オキシトシン』が分泌されます。

 

なぜなら、感動的なシーンに出会うとそれを誰かと共感したくなります。

その時に、『オキシトシン』が分泌されています。

 

例えば・・・

雨上がりで、突然目の前に綺麗な虹がでたとします。

それを見て感動した後に、その美しさに感動します。

その感動したことを、親しい方へ知らせたり写真などで共有しようとします。

この共有したいと思った時に『オキシトシン』が分泌されているのです。

絶景をみて『オキシトシン』が分泌されているのではなく、誰かに教えて喜ばれると分泌します。

 

素敵な景色は幸せのおすそ分けと同時に健康のおすそ分けにもなるのです。

 

⑤ 共感力を高める。

 

単純に相手のことを肯定してあげること、受けれてあげること『オキシトシン』が分泌されます。

『オキシトシン』五感による刺激以外でも心が通うことでも分泌されるホルモンです。

例えば、パソコンに向かって資料を作っている人へ

「チャカチャカ、パソコンばかりいじってうるさいな」と思うのではなく

「最近、凄く頑張っているなぁ~偉いなぁ~」と肯定し受け入れることで『オキシトシン』が分泌されます。

セルフで『オキシトシン』を分泌する手段として相手を肯定してあげるとことからスタートしてみましょう。

 

⑥ お寺や神社でオキシトシンを出す。

 

一人で『オキシトシン』

を分泌させる上で、今まで説明してきましたが、一番分泌されやすい所が・・・

お寺や神社になります。

なぜなら・・・

① お寺や神社などにある、壮大な景色や建物で感動した『オキシトシン』が分泌されます。

② お寺や神社、教会などのゴスペルやお経など音から落着きお香やキャンドルの香りから『オキシトシン』が分泌されます。

③ そして、最後に仏やキリスト像、神様などに祈りをし相手のことを思いやるお願い事をすることで、更に『オキシトシン』が分泌されます。

こうした、科学的な目線からもお寺や神社は『オキシトシン』を分泌させるシステムが整っています。

 

ですので、一人で『オキシトシン』を分泌させる上で、一番分泌されやすい所が

お寺や神社になります。

 

オキシトシンを一人でも出す方法のまとめ

 

それでは、今回の一人でも『オキシトシン』を分泌しやすい方法をまとめていきたいと思います。

 

① Myアロマで免疫力を向上させる!

② ツボ押しによる方法。

③ ふくらはぎのマッサージ。

④ 絶景を見る。

⑤ 共感力を高める。

⑥ お寺や神社でオキシトシンを出す。

こうして全体的に見ていくと

自分自身の五感に対して心地いい刺激や、身体では末端神経を意識して血流を良くしていくことで『オキシトシン』を分泌しやすくなっていきます。

そこを意識して『オキシトシン』を分泌させていきましょう!

それでは今回は以上となります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます^^b

 

🔻合わせて読みたい記事

 

Sponsored Links
スポンサーリンク