【癒しホルモン】オキシトシンの出す習慣作りとは【おすすめ8選】

人形ラブ
スポンサーリンク
Sponsored Links

 

今回は『オキシトシン』の出す習慣作りについてお話をしたいと思います。

『オキシトシン』の出す習慣作りさえてでしまえば、相手からも信頼されやすいようになりますので、お互いに頑張っていきましょう!

それではお話を進めていきたいと思います。

 

オキシトシンの出す習慣作りとは

Sponsored Link

 

それでは今回も『オキシトシン』についてお話を進めていきたいと思います。

この記事がを読むのことに【オススメ】な人は

  • 人と信頼関係を身に着けやすい体質を作りたい方。
  • ストレスをためにくい体質を作りたい方。

の二つがわかるようになります。

今回の関連記事は

関連記事

 

それでは早速ご説明していきたいと思います。

 

オキシトシンを出す習慣作り

カップル

 

それでは早速『オキシトシン』を出す生活習慣を紹介したいと思います。

 

① 目を見ること。

 

これはよく言われますが、実際、麻布大学での研究結果でも立証されています。

逆に、医療現場などで患者さんの目を見ずPCだけ見て話す人がいますが

それでは自分に興味がないという「裏メッセージ」でもありますので

クレームがくるもの無理はないでしょう。

 

ですので、『オキシトシン』は相互関係で作用されていますので

 

『オキシトシン』が分泌されると「心と身体」の痛みが治まり

自己治癒力が高まる

ので目をしっかり見てあげましょう!

 

② お昼ごはんを気の合う人と一緒に食べる。

 

これは、人との交流が増えると『オキシトシン』の分泌量が増えるからです。

例えば、職場で「イライラ」したり、午前中の仕事で疲れり

そんな時に、「気の合う人」とにいるとリフレッシュできますので、

お昼ごはんは気の合う人と一緒に食べると午後の仕事の効率があがりますよ!

 

③ あいさつをする。

 

これは、『オキシトシン』

  • 出やすい人
  • 出にくい人

を見極めるポイントでもあります。

 

あいさつって当たり前ですが、人との交流で一番最初に行うのがあいさつです。

そしてお互いに「挨拶することで共感力」が高まり

信頼になり、相手に対して優しくなるのです。

 

『オキシトシン』誰かと繋がりを感じている時に分泌されていますので

ですので、持ちよくあいさつの良くする人は『オキシトシン』の分泌が十分されている証拠なのです。

 

④ 怒りをコントロールする。

 

『オキシトシン』の分泌が悪くなると「バゾプレッシン」というホルモンが分泌されます。

この「バゾプレッシン」ホルモンが分泌されると攻撃的な性格になります。

そもそも、このホルモンは自分達を外敵から身を守るために備わっているシステムですが、あくまで他の種族に対するもので人間同士で戦うものではありません。

 

そのためには

  • 「怒らない」ことです。
  • 「怒られても許す」ことです。

 

ですので、理不尽な事があっても

「そういう考え方もあるんだな」と相手をいなすこと。

 

肯定的なイメージをもって相手に思いやりを持つ事で

『オキシトシン』が分泌されて、「バゾブレッシン」の分泌を抑えていきましょう。

 

⑤ グループで目標をを達成すること。

 

『オキシトシン』の特徴で、他のホルモンと違いみんなと一緒に出せるのが他のホルモンです。

一人単位ではなく、グループやチームといった複数単位で行い、目標を達成することです。

そして、個々で成績を伸ばすには、『オキシトシン』の分泌を考えたら逆効果です。

『オキシトシン』の分泌しやす人は勝負所で相手に成果を譲ることが多いからです

ですので、競わせるのではなく、個々に役割をもって目標を達成すること

お互いに喜び成果を褒め合うことで『オキシトシン』が分泌されて、結束力を高めることができます。

 

⑥ 仲間を信頼する。応援する。

 

『オキシトシン』の分泌を促すのに一緒に頑張るが信頼ににつながります。

なぜなら、応援するだけでもいいのですが、

一人だけ頑張れというのは一体感がなく突き放されている気持ちになります。

ですので、大切なのは目標を達成するために、

仲間と一緒に頑張ることで『オキシトシン』の分泌は出やすくなります。

そして、一人で頑張るよりも皆が頑張っているのを感じることができたら『オキシトシン』の分泌が促すことができるでしょう。

 

⑦ ありがとう。

 

感謝の言葉を使うことによって『オキシトシン』が分泌されます。

なぜなら、褒めるとは上からの評価です。

肯定されているとはいえ、その人に権威がなければ意味をなしません。

しかし、感謝は同じ肯定でも上からでも下からでもありませんので、相手が素直に受け取ってもらえます。

そして感謝された時に「受け入れられたと感じ安心感と信頼感からオキシトシンが分泌されます。」

ですので、感謝の言葉をどんどん使っていきましょう!

 

⑧ 親バカほど子供が強くなる。

 

オキシトシンが出やすい体質かどうかは「第一幼少期」にかかっています。

なぜなら

育児放棄や児童虐待する親は、自分が幼少期の頃に同じ経験をした人が多いというデータがあります。

『オキシトシン』がうまく分泌できない事で他人との良好な関係を築けなくなったのでしょう。

 

例えば、30年~40年前、アメリカで子供を放っておけば「自立性のある子供に育つ」と考えられていました。

それを信じて実行した日本人のお母さんもいましたが

結果、キレやすい子供たちができたのです。

キレるという言葉もその世代から流行り始めました。

 

幼少期の体験は一過性で終わるものではなく、生涯に続くので

オキシトシンが出やすい体質かどうかは「第一幼少期」にかかっています。

 

オキシトシンの出す習慣作りのまとめ

まとめ

 

それでは、『オキシトシン』の分泌しやすい習慣作りをまとめていきたいと思います。

 

① 目を見ること。

② お昼ごはんを気の合う人と一緒に食べる。

③ あいさつをする。

④ 怒りをコントロールする。

⑤ グループで目標をを達成すること。

⑥ 仲間を信頼する。応援する。

⑦ ありがとう。

⑧ 親バカほど子供が強くなる。

の8つになります。

 

どれも共通していることは、相手に対しての思いやりが前提にあるということです。

但し、幼少期からの生活環境がありますので、なかなか一日で直せないはずなので、ゆっくりでいいです。

一つだけでも人に感謝できるようになれれば、もう既に昨日よりも『オキシトシン』が分泌されています。

 

『オキシトシン』が分泌されやすい体質になれたら、皆から好かれる幸せな気持ちでいられると思いますので、思いやりの気持ちを大切にしていてください。

 

本日は以上となります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます^^b

 

🔻次の記事はコチラになります。

 

Sponsored Links
スポンサーリンク