【初心者向け】日常で使える心理学のテクニック【おすすめ5選】

勉強中
スポンサーリンク
Sponsored Links
いちむら
いちむら
日常で使える心理学を覚えてしまえば、一生使えるスキルになります!!

接客業や営業・教育などのお仕事や恋愛に興味のある方でしたら、誰しもが耳にしたことがあるでしょう。

しかし、どの場面で使えるか具体的な活用方法が説明されている事は、あまり多くありません。

 

ですが、安心してください。

 

今回の内容は誰もが気軽に学べて簡単にすぐ使える心理学のテクニックを記載し説明しています。

これが読み終わるころには・・・

  • 人と楽しく仕事の話や交渉を進める方法
  • 上司や部下の特徴の分析の仕方
  • 相手との信頼関係の構築の仕方

 

の3つを使いこなせるようになっています。

 

いちむら
いちむら
実際に私も日常で使っているのでご紹介したいと思います!
今日もよろしくお願いします!
優依
優依

 

心理学とは

Sponsored Link

 

いちむら
いちむら
心理学とは、人は何を心で感じたら、どう身体で行動するのかについて研究する学問です!

心理学の学問として成立したのは

ドイツの心理学者のヴントさんが実証的な実験をし、心理学という部門を提唱しました。

心理学と言ってもざっくり分けると2種類ありまして

 

基礎心理学と応用心理学があります。

 

基礎心理学
  • 実験心理学
  • 認知心理学
  • 学習心理学
  • 発達心理学

 

実験によって、心に関する科学的な法則を導き出そうとしている学問です。

 

応用心理学
  • 臨床心理学
  • 犯罪心理学
  • 教育心理学
  • 宗教心理学など・・・

 

基礎心理学で導き出された理論や法則を実際の問題に活用する学問です。

これら以外にもまだ色んな種類があります。

それでは早速、日常で使える心理学のテクニックをご紹介していきたいと思います。

 

日常で使える心理学のテクニック① PM理論 上司のタイプを知ろう!

 

いちむら
いちむら
社会にでの人間関係の一つに上司の関係があります。うまく付き合っていく上で重要な内容ですので是非覚えていきましょう!

 

PM理論とは

上司が部下をどのように付き合うかという事をパターン化したものです。

社会心理学者の三隅二不二氏(みすみじふじし)さんがPM理論を提唱しており、

 

 

PM理論の特徴

 

Pの機能はパフォーマンスをさしていて

「目標達成のために部下に働きかけること」

Mの機能はメンテナンスをさしていて

「集団の存続のために部下に配慮すること」

 

のバランスからリーダーシップを分類する理論です。

 

大文字(PM)はその機能が強く小文字(pm)は弱いことを示しています。

 

4つの上司のタイプ

 

【PM型】 理想の上司タイプ 

目標達成能力、集団維持能力がともに高く、理想的なリーダーシップを発揮します。

例:上司「この仕事終わったら打ち上げやろうぜ!」

  部下「オー!!」

 

【Pm型】 仕事人間タイプ

目標達成能力は高いですが、集団維持への配慮は低いです。

例:上司「よし、今月もノルマは順調だな」   

  部下「・・・」

 

【pM型】 平和主義タイプ

集団の維持・強化を優先しますが、目標達成はおろそかです。

例:上司「もう仕事は明日でいいから飲みに行こう!」

  部下「ありがとうございます!」

 

【pm型】 遊び人タイプ

目標達成能力も、集団維持能力も共に低い。

例:上司「定時だから帰ろう」

 

いちむら
いちむら
これらの上司のタイプを知ることで仕事への対応をうまくできるかもしれませんね!

上司のモチベーション管理も部下の勤めですからね!
ゆい
ゆい

 

日常で使える心理学のテクニック② 初頭効果 最初が肝心!

 

いちむら
いちむら
こちらも有名な心理効果です!ビジネスなどで相手に好印象を残して信頼関係を築いていきましょう!

初頭効果とは

複数ある情報の中で、相手に対する印象や評価を最も大きく受ける効果の事です。

 

なぜなら最初の印象を受けた時に、過去の記憶から事柄を思い出し、

自分の似たような過去の経験からその人のことを無意識にその人の特徴を固定するのです。

そうすることによって、脳の認知資源を節約しているのです。

 

具体例!

会社の朝礼の時にカチッと決めたセールスマンでハキハキしていたら
「この人は仕事しっかりする人なんだろうなぁ~」と思い、

ミスをしても、「たまにはミスくらいするよ~」となるわけです。

しかし、最初の印象が悪いと・・・

「だらしなくて仕事できそうもないなぁ~・・・」と思い、

ミスしたら、

「やっぱりなぁ~」となるわけです。

ですので、人は複数ある情報の中で、相手に対する印象や評価を最も大きく受けるのです。

いちむら
いちむら
逆に『親近効果』という最後の印象も強く残る心理効果もあります!
だから学長はいつも最初と最後に結論をもってくるんですね!
ゆい
ゆい

 

日常で使える心理学のテクニック③ ヒグビーの7つの理論 記憶に役立つ7つのコツ!

 

いちむら
いちむら
記憶するのが苦手な方に、ちょっとしたコツを教えちゃいます!

 

ヒグビーの7つの理論とは

アメリカの心理学者 ケネス・ヒグビーが提唱した

記憶するのに必要なコツを7つまとめたものです。

例えば・・・

暗記したのに丸々覚えているのと、殆ど残っていないものとかありませんか?

その違いについてヒグビーさんが研究し、記憶に残るものにはどんな特徴があるのかを

まとめたものです。

それでは早速説明してきます!

 

ヒグビーの7つの理論
  1. 有意味化
  2. 組織化
  3. 連想
  4. 視覚化
  5. 注意
  6. 興味
  7. フィードバック

 

この7つです。

それでは一つずつ説明していきたいと思います。

 

 

 

① 【有意味化】

言葉を意味もなく覚えるのではなく、意味を理解することで覚えやする方法です。

例:万有引力を覚えたいのであれば・・・

万有引力の法則とは? 意味=地球には重力があるから

 

② 【組織化】

組織図みたいに個々の働きを系統立てることで覚えます。

例:マインドマップ・歴史の時代区分等々

 

③ 【連想)

記憶定着したものと覚えたい情報を結びつける方法

例:年号の語呂合わせ

 

④ 【視覚化】

言葉と映像を照らし合わせる方法

例:人の名前と顔をイメージする

 

⑤ 【注意】

範囲を絞ることで、注意を対象に向けることで集中力を高める方法

例:テスト範囲

 

⑥ 【興味】

自分の興味のあることや、好きなことをやって覚える方法

例:好きな漫画の名言など

 

⑦ 【フィードバック】

復習だけでなく、成果をほめられることも記憶力アップにつながる

例:授業の復習・やりきった時の達成感等々

 

これが、記憶するのに必要なコツを7つまとめたものです。

 

いちむら
いちむら
忘れてはいけない重要なことはヒグビーの理論を活用してみましょう!
わかりました!
ゆい
ゆい

 

日常で使える心理学のテクニック④ 好意の返報性 相手に好かれると自分も好きになる法則

 

いちむら
いちむら
気になる人に手軽にアプローチできる法則があります!

 

好意の返報性とは

相手から好意を受けると、同じだけの好意を返すようにできています。

人は、人に何か与えられるとお返ししたくなってしまうという法則があります。
▶返報性の法則についてはコチラを参照されてください。

つまり法則をうまく活用できれば、好きな人に好意を持ってもらうことができます。

 

 

例えば・・・

「昨日、○○君が夢に出てきたんだけど!」

などちょっとベタですが、作り話でもうまく伝えられるといいかもしれません。

 

 

 

具体例!

【スーパーの試食】

スーパーやデパートの食品売り場で頻繁に行われています。

【ホワイトデー】

ラブの定番です。逆にお返ししてくれた人は好意の見込み度が高いです。

【店員による親切で丁寧な接客】

ホテルなどで気遣いのある接客は、その日だけでなく「またきたいな~」と思わせます。

このように、好意の返報性を使いこなすことによって、同じだけの好意を返すようにできています。

いちむら
いちむら
相手が喜びそうなことをしてあげて人からたくさんの信頼を集めてください!
はい!相手が喜びそうなことを頑張って考えます!
ゆい
ゆい

 

日常で使える心理学のテクニック⑤ ランチョン・テクニック おいしいご飯の法則

 

いちむら
いちむら
おいしいお店に誘って交渉成立したら、やってみるべきですよね!

 

 

ランチョン・テクニックとは

食事をしながら、相手との交渉や商談をする。

という、誰もができる簡単な方法です。

 

 

なぜ食事をすると交渉成立しやすいのかというと・・・

美味しい食事をすることで

幸せホルモンと言われる「セロトニン」や「ドーパミン」が

分泌され肯定的な反応が引き出せるという

効果があるからです。

 

 

このランチョン・テクニックを提唱した

アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランさんが

パブロフの犬を使って条件反射の現象を知り

「無関係な現象を関係あるかのように見える」

この法則を見つけたのです。

 

日常での活用法テキスト

 

【政治】

夏などにG7が開催される時に

誰にも話を聞かれたくない密会を行うときに

日本の有数な料亭が選ばれるのは

このテクニック効果も狙っています。

 

【ビジネス】

バブル期などでよく行われていた

接待などは、このテクニックを効果を狙ったもの。

食事によって顧客との信頼関係を構築するのが

目的でここで契約が締結する場合もあります。

 

【恋愛】

新しくできたカフェやパスタ店などに

デートに誘ったり招待するのは効果的で

相手からの好意は間違いなく高まります。

 

いちむら
いちむら
これだけ、押さえておくだけでも相手への好感度はかなり高まります!
色んなシーンで応用されているんですね!
ゆい
ゆい

 

日常で使える心理学のテクニック まとめ

 

それでは、日常で使える心理学のテクニックについてまとめていきたいと思います!

 

今回の記事のまとめ

【日常で使える心理学】を覚えるメリット

ビジネスや恋愛、家族とのコミュニケーションなど人との関係が豊かになります。

【日常で使える心理学の方法】とは

① 【PM理論】を活用して、上司との関係を円滑にする。

  • 理想の上司タイプ
  • 仕事人間タイプ
  • 平和主義タイプ
  • 遊び人タイプ

② 【初頭効果】で最初に印象を良くし最後に【親近効果】で最後も更に印象を良くしよう!

③ 【ヒグミーの7つの理論】で大切な情報を記憶しましょう。

  1. 有意味化
  2. 組織化
  3. 連想
  4. 視覚化
  5. 注意
  6. 興味
  7. フィードバック

④ 【好意の返報性】を活用し相手にも自分のことを好きになってもらいましょう!

⑤ 【ランチョン・テクニック】で大切な話をスムーズにできるようにしましょう!

 

いちむら
いちむら
まだまだ、日常以外でも活用できる心理学のテクニックがありますので、ドンドン紹介していきますね!
はい!これからも楽しみにしています!
ゆい
ゆい

 

 

Sponsored Links
スポンサーリンク